理念・私たちの考え方と想い

デザインや言葉、
クリエイティブの力で
世の中の一人でも多くの
人の役に立ち、
心の豊かさに貢献する。
また、その助力となること。

経営者の方、クリエイティブ・デザイン・マーケティングの担当者の方、
そしてWEB担当者様のパートナーとして、ブランディング、各種デザイン、
WEB戦略・制作のご相談をお受けさせていただいているとともに、
WEBにて有用な情報発信することで、みなさまとのご縁をいただいております。
ともに育み合い、課題を解決し、目的を達成していくパートナーとして
魂・心のこもった、また心を豊かにするモノやサービスが世の中に広く伝わるように
オリジナル(唯一無二)のビジュアル(視覚的要素)と言葉から成るメッセージで
「伝えたい」を、より広く深く強く「伝わる」「共感する」「浸透する」、そして「感動する」へ。

個にフォーカスが当たる、各々が選択できる時代

インターネットの普及、情報化社会、モノの飽和状態、めまぐるしい変化とスピード。
その流れに困惑してしまいそうになりますが、
私はただ、“本当に大切なモノやコト”を皆それぞれが選択でき、
余計なものがそぎ落とされた状態を重んじる時代の訪れを感じています。
それとともに、“人が幸せだと感じる状態”“豊かだなと感じる状態”が
よりシンプルで当たり前な部分にフォーカスされていくようにも感じています。
それは、生産性や技術競争主体の中から生まれたものより、
これからの世の中における本当の意味での幸せや豊かさを考え、
生み出されたモノやサービスが大切になるのではないでしょうか。

コンセプトが明確になると、うまくいく

このコンセプトについては、
ここの説明だけでは伝えきれないので、
私が思う、概要だととらえてください。
とても大切で重要な概念ということは、
たくさんの方々や書籍が語っている通り。

私自身も、自分の事業のコンセプトの部分が
見えることで、あらゆることが
うまくスームズにいくようになった感覚を覚えています。

名刺交換ひとつにしても、
腑に落ちているコンセプトがあることで
自己紹介する時の言葉にどこか説得力がでたり、
言葉を気持ちよく伝えることができる。

そして、相手の反応も良い。

その誰かに伝えていくという行動を
一貫したイメージと言葉などで
伝えていくことが“ブランディング”という点においても
非常に重要なことであり、
それもまた、コンセプトから始まり、
動き始めれば、真ん中にあり続けます。

たとえば、簡単な例で言いますと、

「私はこんなデザイナーで、
こんな考え方で、
こんなイメージのデザインをつくります」

これを先に提示していると、
自然とマッチするお客様と出会い、
マッチしないお客様から依頼はきません。

これにより、仕事がうまくいく可能性が高くなります。
デザインワークでよくあるような、
「もっとこんなイメージで作って欲しい」
といったズレが生じずらくなります。

これは、たとえば企業の採用活動などにおいても
非常に重要だと思います。

このコンセプトをうまく言葉やデザインで表現し、
共有することができると、
その企業に本当に必要であったり、
マッチした人材を惹きつけることが
できるのではないでしょうか。

そこにコンセプトはありますか?
なければそこから始めてみるのはどうでしょうか。

「これでいいのかな?」といったように、
少しでも不安であれば、
今一度見直してみるのもいいかもしれません。

コンセプトから一貫したデザイン、
言葉でメッセージを伝えていくと
不思議と強く深く伝っていくと感じています。

また、あらゆる判断を下す時に、
このコンセプトが指針となって
進行方向の正誤を示してくれます。

RCWはお客様の鏡となってありのままを映し出し、
お話させていただくことで本質をみつけ、
思考と創造力をフルに駆使して
この見えない部分を具現化します。

私たちのこの思考と創造力、
デザインと表現は、誰かのために
使ってはじめてその力を発揮します。

ぜひ、みなさまのために使わせてください!

最後に

世の中のたくさんの人が、穏やかで豊かでいられますように。
本当に必要な事業や製品やサービスが、より多くの人のもとへ届きますように。
また、私が創り出したモノやコトが一人でも多くの人の豊かさに貢献できますように。
日々を大切に、関わるすべての人と社会と世界を想い、邁進していきます。